2
極上のリラクゼーションとなりますか・・・

最寄駅 
東京メトロ銀座一丁目駅
徒歩5分

訪問日 
2015年11月某日

訪問回数
初回

コース
90分コース

料金
90分14,000円(グランドオープン記念割引、通常16,000円)
指名料1,000円
入会金0円(グランドオープン記念割引、通常1,000円)
支払総額15,000円

予約方法
★★★☆☆
電話予約、男性スタッフ

出勤情報
ブログにて1週間

店舗
マンション複数室

施術室
★★★☆☆
6畳くらいの洋間

施術台
マット
他にベットあり、空いていれば選択可

シャワールーム
★★★☆☆
キレイです、アメニティーはゴチャゴチャしすぎですが

ユニフォーム 
白Tシャツ、黒フレアミニ

施術
オープン前のホームページに好感持て、オープン間もなく訪問を試みます。

電話すると、暫くの間、小生から「某サイト見たのですが」と切り出し、
予約可能か確認、希望の時間が取れるというので即予約。
料金案内もあり良かったのですが、
「どの駅からが近いのか」の問いに「住所載せてますから・・・」

比較的判りやすい場所、指定の通り、時間丁度くらいにマンション近くから電話。
オートロックを解除してもらい指定階へ。

チャイムを鳴らすとセラピストさんがお迎え、履きにくい使い捨てスリッパつっかけ、
奥の部屋へ。

部屋へ入ると、自己紹介も指名のお礼もなく、コースの確認と会計、
そしてアプリ登録のお勧め。

会員カードの代わりにアプリだそうです、流れですね。
取りあえず、小生も試しに登録、インストールしてからチョイ不安になりましたが・・・
まぁ、スタンプカードとかクーポン発行とか色々な代わりになるので面白いですね、
もちろん必須ではないです。

登録が終わるとお茶を一口啜り、
オシボリで顔をゴシゴシ、そしてクンクンも鼻が悪いのかアロマの香りがしない・・・

全裸になり、ハンガーは用意できていないので椅子に置き、
説明されていない貴重品袋であろう袋に財布を入れ、タオルを巻いて準備完了。

セラピストさんが迎えに来て、シャワー室へ案内されます。

盛りだくさんのアメニティに紙パンツが置かれた洗面台の奥に浴室。
もちろん、シャワーのお湯は適温で出されています。

手に取ったソープは泡立ちも良く、サッと流すことができました。
そしてお楽しみの紙パンツ、トランクス、ブリーフ、Tバックの3種類。
トランクスならでは施術あるのかと悩みましたが、
通常より少し小さめの包みだったTバックを選択、穿いてみての小ささに満足。

ドアを開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

マットに俯せになるも、俯せ用枕がしっくりこずバストマット代わりにして準備完了。
バスタオルを下半身に掛けられると片足だけ捲り施術スタート。

オイルを手に取り、脹脛からスリスリ。
脚はセラピストさんの足に挟まれているものの期待する感触はなし。
脹脛に跨り太ももをスリスリ、ここでも指先は期待するところへは遠く届かず。
軽く膝のストレッチで股間に移動。

脚を挟むようにして密着の定番とワクワクも、
膝で挟む程度で、密着しながらでのスリスリはなく、指先は太ももを撫でるだけ。

タオルを腰に掛けると、その上に跨り、腰から背中を軽く圧します。
何の楽しみもないので尾てい骨あたりに全神経を集中させ、
当たっているであろうアソコを感じ取るのが精一杯。

俯せ終了らしく、ホットタオルを取りに部屋の外へ。
オイルをサッと拭き取るとすぐに乾いたタオルで軽く押さえてくれます。
これからの季節には助かります。

するとそのまま肩を揉み解し、さらに背中、腰。
これで仰向けかと思いきや、続いて足、足裏と揉み解しは続きました。

漸く、仰向けになると横に位置取り、膝の上に小生の手を導きます。
もちろん、その先へ侵入できるわけはなく、手のひらや腕を軽く圧します。

足元に移動すると脚を挟んで、足首から膝までスリスリ。
脛あたりに跨り、太ももをスリスリもワクワク感ゼロの単調なストロークに・・・

股間に移動してきたので、もしかして・・・
両手で鼠蹊部あたりを数回圧してお時間。

シャワーの用意ができたようで一緒にシャワー室へ。
ゴミ箱は買い忘れたようで・・・

サッと浴びて部屋へ戻り、一人寂しく着替え終わるとセラピストさんが
お茶を持って入室、そのお茶を一口飲んで玄関へ。

紙パンツ
極小Tバック 、他にトランクス、ブリーフ有り
ヴィラ
 
所要時間
85分(アプリインストール中含む)

独り言
アプリとか新しいもの取り入れていくのは良いのですし、
消耗品にこだわり持つのも良いのですが・・・
オープン間もないのでこれからですか。
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版