2
訪問したくなるような新規店が見当たらないので、
ハロウィンコス、白Tバックに惹かれて久々に訪問


最寄駅 
JR池袋駅
徒歩5分

訪問日 
2015年10月某日

訪問回数
10回以上

コース
スタンダードコース

料金
70分10,800円(いつもキャンペーン中、通常13,600円)
指名料1,080円
支払総額11,880円
ポイントカード有

予約方法
電話予約
応対女性スタッフ

店舗
雑居ビル店舗型
複数室、待合室有

施術室
3畳ほどの個室

施術台
ベンチ

シャワールーム
脱衣スペースのある簡易シャワー

セラピスト
ハロウィンイベント
超ミニナース服にいまや大学病院や大病院では廃止されたナースキャップ

施術
電話すると希望の時間が取れるというので、すぐに予約、
再度1時間前に確認電話欲しいとのこと。料金案内はなし。
1時間前に電話すると時間通りとのことで出発。

久々の訪問、回転すしは変わらずもラーメン屋に驚きながら、
エレベーター前を通りから覗き込み、誰もいないのを確認してエレベーターへ。

エレベーターを降りるとブログで見るような蜘蛛の巣だらけのフロアに。
受付で会計、そして紙パンツの選択ですが、「・・・ない」
白Tバックはもう無くなったとのこと、
仕方なくマイクロ(ノーマルTバック)を選び、テンション下がったまま待合室へ。

幸いにも先客はなく、問診票のシャワー前後とハートにチェックを入れ、
受け取りに来た店長さんに渡します。

それほど待たずにカーテン開けて、ご対面。
お決まりの手を繋いで部屋まで案内されます。

部屋へ入ると暫し雑談、自己紹介はなく着替えを促され、いそいそと全裸になり
バスタオル巻き、扉をノック。

外で待機していたらしく、すぐに扉が開き、シャワー室へ。
「この時間は入らないんだよな」なんて考えながら、シャワー室を見渡すと・・・
汚い、掃除できないほど忙しいのでしょう。

見てしまうとユックリとなんてできないのでサッと浴びて、
紙パンツ穿き、扉をノックします。

ここでもすぐに迎えに来てくれ、一緒に部屋へ。

セラピストさんに背中を拭いてもらい、ビニールが切れ、穴が空いているベットを隠すように
ボロボロのタオルが敷かれているベットに横たわります。

タオルを掛けて背中を軽く圧した後、脚を挟むように座り、脹脛から太もも、たまに付け根。
足指を動かしたり、足首を動かしても探しているところへの接触はなし。
触れるのはナース服の裾辺りか・・・

以前はアロマオイルを聞いてくれたなぁ、なんて思い出しているとこの店の定番、
セラピストさんたちの会話というBGM、結構な音量です。
イベントで忙しいと思ったのに、入れ替え時なんでしょうか。

腰に跨ると後ろ手にして肩甲骨周辺をスリスリ、
嬉しいのは指先はセラピストさんの太ももあたり、ついつい動いてしまいます。

俯せのまま膝枕、これがナース服の裾に頭突っ込むような態勢。
首から背中をスリスリして仰向けに。

デコルテから腹部、そしていよいよ腹部への馬乗り、69状態・・・
背筋使わなくとも見えます、無理なく、覗くではなく見えてしまうのです。

もちろん、手は自制してセラピストさんの膝あたり、たまに太もも。

セラピストさんの指先は小生の太ももから付け根をスリスリ、サワサワ・・・

最後は添い寝、なかなかガードは上手で届きそうで届かない。
折角の前ボタン、一つくらいは外したかったのですが、叶わずお時間。

サッとシャワーを浴びて部屋へ戻り、用意された水を一口。
着替えて、手を繋ぐことなくエレベーター前まで。

蜘蛛が貼られたボタンをセラピストさんが押すとすぐに到着、
ドアが閉まるまでお見送り。

紙パンツ
Tバック

reveri


所要時間
75分(前シャワータイム除く)

独り言
白T期待してたんですが・・・
セラピストさんによってでしょうか、ナース服ヨレヨレでした。
いろいろ気になる豊島区アロマニア病棟は10月31日までらしいです。
シャワー室の天井、角、カビだらけでした。

  カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版