2

濃密な時間・・・

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩5分

訪問日 
2015年7月某日

訪問回数
初回

コース
120分

料金
120分16,000円(オープニングキャンペーン1,000円引き、通常17,000円)
指名なし(指名料1,000円)
支払総額16,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約
電話応対男性スタッフ、またはセラピストさん

出勤情報
ブログにて1週間分

店舗
ワンルームマンション

施術室
★★☆☆☆
6畳ほどの洋間

施術台
マット
側面に姿見横にしています

シャワールーム
★☆☆☆☆
ユニットバス、浴室内に紙パンツが置いてあり
どこでシャワーを浴びていいのか…

ユニフォーム 
タンクトップ、フレアミニ

施術
電話をすると転送となりお兄さんが応対、色々と説明あるも料金総額の案内はなし。

指定の場所から電話するとセラピストさんが応対、不慣れな案内ながら
目印のコンビニ目指して進みます。

オートロックをすぐに解除してもらい部屋の前へ。チャイムを鳴らしても応答がない、
もう一度鳴らしても…ドアスコープから見えるように立ち位置を変えたりしていると
漸くドアが開き「いらっしゃいませ」、部屋の奥へ案内されます。

小さな椅子に腰掛けると「お飲物を」とキッチンへ。
あまり冷えてないお茶が出されてコースの確認、オプションのセールス。
オプションはお断りして会計、その間に同意書&問診票への記入。
問診票には疲れている箇所の項目に「そけい部」の選択肢が、
流石に印は付けませんでしたが…

釣銭を持ってきたセラピストさん、問診票を見ながら、
「今日は背中と腰がお疲れなんですね、そちらに時間を掛けてほぐしていきますね」、
そけい部に印を付けておけばよかった…

着替えを促されてシャワーへ、バスタブ横に洗面台がある狭いシャワー室。
このタイプどこでシャワー浴びるのか迷います、浴室内に紙パンツが置いてあり、
ボディソープもバスタブの縁に置いてあったのでバスタブ内で浴びることに。

サッと浴びて横スカタイプのパンツを穿いてドアを開けるとセラピストさんがお迎え。
すぐ奥の部屋へ案内されます。

マットに俯せになるとシャワーの片づけへ。
カガミの位置など確認しながら態勢を整えているとセラピストさんが戻ってきて施術開始。

全身覆うようにタオルを掛けると足元に位置取り、両足軽く解すとオイルスタート。

横に位置取り、多めのオイルを手に取ると脹脛をスリスリ、足裏もスリスリ。
足裏をアソコで押さえるように座ると太ももをスリスリ。

押す時にスリスリ、引くときにサワサワとパターンとしてはいいのですが…
指先は付け根にすら届かず、ストロークに長短、強弱、緩急はなく単調な施術。

背中にタオルを掛け、横に移動すると背中を揉み解し。
軽く背中全体を圧すとタオルを取りオイル、ここでも単調な施術は変わらず。

続いて臀部にタオル掛けて揉み解し。
タオルを取るとカエル脚、カガミにお尻を向けながら腰を浮かせるようにしての施術も
残念ながら暗くて見えません…

内側から腕をねじ込んできますが、そけい部に印を付けなかったからか
摩るのは内腿だけ、たまにお尻の穴周辺をサワサワ。

オイルをホットタオルで拭き取ると仰向けに。

頭部に位置取ると肩、首、たまにデコルテ、腹部。
腹部の時でもオッパイは目の前まで、観賞はできましたが感触は味わえず。

足元に移動すると足の甲を押えるように座り、膝下からスリスリ、ただひたすらスリスリ。
膝上も期待するところまでは届かずスリスリ。

横向きと言われるも残念ながらカガミとは反対向き、密着がないまま、股間に腕をねじ込まれるも
同じリズムで太ももをスリスリ、ひたすら単調にスリスリ。

せめて反対側は、と思ったところでお時間。
ロングリンパ付けなかったからなのか…と思いながらシャワーの準備待ち…

ゆっくりとシャワーを浴びて一人寂しく着替えもキッチンとの仕切り戸は磨りガラス。
セラピストさんはこちらの様子を窺いながら飲み物の準備中。

着替え終わると同時にお茶を持って登場、立ったまま一口飲んで玄関へ。

紙パンツ
横スカTバック 

<前>
prive
<後>
priveura

所要時間
115分
  
独り言

何かが起こりそうで起こらないワンルーム…
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版