2
6月も出店ラッシュ止まりません

最寄駅 
東京メトロ築地駅
徒歩2分

訪問日 
2015年6月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分13,000円(タイムサービス17:00まで1,000円割引、通常14,000円)
ネット指名料0円(本指名1,000円)
支払総額13,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約

出勤情報
ホームページ1週間分掲載も全てTEL確認要

店舗
マンション複数室

施術室
★★★☆☆
6畳くらいの洋間

施術台
マット

シャワールーム
★★★☆☆
広く、明るいので目立ちます
隅々まで気を配るのは大変でしょうが・・・

ユニフォーム 
前ボタンのナース服
ホームページのユニフォームではありませんでした

施術
電話をするとテンション低めのセラピストさんが応対、
予約の電話とわかると声もハイトーンに。
時間近くに到着、場外市場を横目に電話すると分かりにくい案内に
何度も聞き直した結果、到着は3分遅れ。

ドキドキしながらチャイム鳴らすとドアが開き、笑顔で「いらっしゃいませ」と
可愛いお姉さんがお迎え、ホームページとは違いますがナース服新鮮です。

部屋へ入るとベンチ椅子に腰かけ、コースの確認、会計。
すぐに釣銭と冷たいお茶をもって登場、一口啜ると着替えを促しシャワーの準備へ。

バスタオルを巻いて待機しているとセラピストさんがお迎えに、一緒にシャワー室へ。
シャワー終わったら穿いてくださいと、洗面台にはブリーフとTバックの2タイプが置いてあります。
使い捨てのスポンジやタオルも用意されているのは良いですね。

シャワー室は広く、外光が差し込み明るいのですが壁面に汚れ、バスタブには髪の毛と残念です。
シャワー準備でお湯出しているのですから、そのあたりもチェックしていれば・・・

サッと浴び、馴染みにくい素材のバスタオルで身体を拭き、もちろんTバックタイプの紙パンツを
穿いて扉開けるとセラピストさんが待機、一緒に部屋へ戻ります。

俯せになりマットに寝転ぶと全身をタオルで覆うとセラピストさんはシャワーの片づけへ。

すぐに戻ってきてタオル越しに揉み解し。横に位置取り、腰から背中を揉むというより圧迫。
左右両側から入念に、手で肘で圧す圧す圧す・・・

足元に移動すると脹脛、足首に跨ると臀部から太ももへと圧迫施術。
跨るというよりは挟む感じなのでタオル越しとはいえアノあたりの感触は全く・・・

長い揉み解しが終わり、漸くオイルへ。

横に位置取り、脹脛から太もも、臀部を同じリズム同じ圧で単調な施術。
序盤戦だからか、指先は付け根周辺を通過するも事故には至らず。

腰横に移るとカエル脚の態勢にさせられ、外側から腕をねじ込み、鼠蹊部、付け根を
クリクリ、股間から付け根、鼠蹊部をクリクリ。

向きによって頻度は異なりますがそれなりに事故ります、
とはいえ重大事故に結びつきそうにはありませんが・・・

横から腰、背中を強めに施術。
密着施術が多くなっている中、このように横にいるセラピストさんの生足が
小生の腰辺りに触れている感触はドキドキして新鮮さを覚えます。

俯せ終了となり、取りに行ったホットタオルで抑えるようにオイルを拭き取ります。

そしていよいよ仰向けに。
足横に位置取り、膝下から太ももをスリスリ。さらに付け根から鼠蹊部をスリスリ、
片手づつではありますが手刀のようにして付け根を通過していくので必然的に・・・

ここでセラピストさんから「もう少し脚を開いてください」との声。

目一杯広げるとその間に位置取り、今度は両手で付け根から鼠蹊部をスリスリ、
さらに親指で袋を持ち上げるように刺激します。
会陰を圧そうとしているのかもしれませんが・・・

元気になるよう集中しているときに
セラピストさんが「この後どこか行かれるんですか」
小生はイカナイけど「イクよ」と答えてお時間。

セラピストさんがシャワーの準備に、室内の時計を見ると10分前。

シャワーを浴びて、紙パンツ捨てようとするもごみ箱はなく洗面台に。

部屋に戻り、着替えてカーテンの外を覗くと場外市場越しにはレインボーブリッジが・・・
夜景はキレイだろうななんて想いながら差し替えられたお茶を一口。

セラピストさんが戻ってきて一緒に玄関へ。

紙パンツ
Tバック(他にブリーフ有)
rivage

rivageura

所要時間
87分

独り言
ホームページとかブログとかツイッターの更新おろそかな店が多いですね。
出勤情報やユニフォームの変更などマメに更新してほしいものです、
そのほうが電話しやすいと思うのですが・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 PRETTYxCATIONダウンロード版